« 箱スカ エンジン始動・・・・? | トップページ | ちょっと紹介します。 »

2006年5月 9日 (火)

箱スカ エンジン始動!本編

仕事の話で、終わってしまった昨日でしたが、今日はちゃんとバッテリー取り付けますよ!

サイズアップしたバッテリーを、バッテリーマウントに乗せ固定金具を同サイズに変更し、ターミナルを接続する。チョークレバーを引きメインキーをまわして、セルモータを回転させ、エンジンスタート!今度は勢いよくセルが回転!何度か燻りながら、クッワ、クッワとキャブが空気を吸い込む音がして、エンジン始動!キーから手を放し、アイドリング状態。
一同顔を見合わせ、やったね!とばかりにエンジンルームを覗き込む。調整済みのエンジンだから、かかって当たり前なのだがなんとなく、嬉しかったりする。この時、エンジン以外はノーマル。これからが、大変なんだよな!暖機もそろそろいいだろう!ボンネットを閉めて、路上試運転!出発!アクセルを踏み込んで、空ぶかしと思ったら「プスンっ」と、エンジン停止。何だよ!エンストか?といわれるが、オートマだからそれはない!セルを再び回すが、かからない。ボンネットを開けて、プラグを外し、1本、1本チェックするが問題ない・・・・んっ?ガスがきてねーぞ!燃料パイプは、ちゃんと接続されているし、燃料もちゃんと有鉛ガソリン入ってるし・・・前オーナーへ連絡。
すると「あ~忘れてた!電磁ポンプ渡さないとね」えっ?電磁ポンプ?「うん、あとCDIとか、電装系の部品もね」えっ?そうなの?そうそう、じゃないとエンジンかかっても回らないでしょう?先に外して、ダンボールに入れてたから、忘れちゃったよ(笑)・・・・・・と、いう訳で、部品をもらいに行くことに。なんだか先が思いやられる予感(汗)

電磁ポンプ(燃料を強制的にキャブレターへ送り込む為のポンプ)を取り付け、KOEI-CDI(なつかしー)、レーシングコイルなど、もらった部品を取り付けて、準備完了!
いよいよ、エンジン始動の試運転が出来る!
メインキーをONにすると、電磁ポンプがカチカチ音をならし、CDIからキーンという独特の音が運転席まで聞こえる。セルモーターをまわしエンジンスタート!今度はアクセルを踏んでも止まらない!クヮークヮーとソレックスの空気を吸い込む音とともに、回転数が上がる。今までとは、全く違うエンジン音、響く振動。恐る恐るギアをDへ、ガツン!とミッションのつながる振動、回転数が少し下がりエンジン音が変わる。サイドブレーキを解除して試乗会の始まり。
ゆっくりと、ガレージから車道へ進めアクセルを踏み込み、生まれ変わった箱スカを走らせる。今までと違う加速、力強いトルクは感じられるが、吹け上がりに欠ける。
排気系、マフラーがノーマルの為抜け切れないのである。
次なる課題は、マフラー交換に決定!今ならステンレスのマフラーなど色々あるが、この当時は、限られた中から選ぶしかない。しかも、加工しなければ取り付けは不可能。
あ~また金がかかる・・・・・・・(涙)

|

« 箱スカ エンジン始動・・・・? | トップページ | ちょっと紹介します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95460/1734668

この記事へのトラックバック一覧です: 箱スカ エンジン始動!本編:

« 箱スカ エンジン始動・・・・? | トップページ | ちょっと紹介します。 »